振り向く笑顔の女性
低用量ピルは通販で買う時代   >   低用量ピルは個人輸入で

低用量ピルは個人輸入で

低用量ピルを手に持つ女性

低用量ピルは日本国内で手に入れるには、婦人科などを受診して医師の診察を受ける必要があります。年齢や持病などから医師が低用量ピルを飲んでも問題ないと判断した上で処方箋が出されます。しかし、どこの婦人科でも低用量ピルが処方できるわけではなく、厚生労働省の指定を受けている病院・クリニックでないといけません。地方の場合、近くに低用量ピルを扱う病院がないといったケースも多いでしょう。また、病院で処方してもらう場合、1回の受診で処方されるのは原則1ヶ月分です。よって、毎月通院して低用量ピルを貰わないといけません。

低用量ピルをもっと簡単に手に入れられる方法はないのでしょうか。医薬品は、個人輸入という形で海外から取り寄せることが可能です。もちろん低用量ピルも個人輸入で海外の製薬会社から購入することが可能ですが、外国語でやりとりしたり難しい手続きを行ったりで苦労することが多いでしょう。よって、個人輸入代行サービスを利用することをお勧めします。個人輸入代行業者が運営している通販サイトから、希望の低用量ピルを注文して支払い手続きを行うだけで、1週間〜2週間で低用量ピルが手元に届きます。この時、海外から日本に発送しているので、医師の処方箋がなくても薬事法に違反することなく薬の譲渡ができるようになっています。

インターネット上で薬を買うことに不安がある方は病院を受診して処方してもらうのが一番でしょうが、通販サイトも『お悩み宅急便』のように100%信頼できるサイトが多くあるので、そのようなサービスも検討してみると良いでしょう。低用量ピルを個人輸入することで、病院よりも格安で薬が手に入りますし、まとめ買いも可能です。