振り向く笑顔の女性
低用量ピルは通販で買う時代   >   低用量ピルの種類

低用量ピルの種類

色々な種類の低用量ピル

低用量ピルは女性が飲むお薬で、毎日1錠を服用することで高い避妊効果や月経痛の改善、PMSの緩和などが期待できます。錠剤には少量の女性ホルモンに似た成分が含まれており、これが体内に入ることで人工的にホルモンバランスが変化し、妊娠しづらい状況を作り出します。さらには卵巣がんなど婦人系の病気をも予防する効果があります。

低用量ピルとひとことで言っても、さまざまな種類があります。代表的なものは日本でも認可されている『トリキュラー』ですが、他に数えきれないほどの種類が販売されています。

低用量ピルは大きく分けて3つに分類できます:
・一相性ピル・二相性ピル
・三相性ピル

一相性ピルは1周期(28日)の中で生理日による調整が必要ないことから、欧米の60%が愛好していると言われています。二相性ピルは自然なホルモン変化に近づけるため、成分が1周期内の前半と後半で2段階に変化するものです。三相性ピルはホルモン成分が3段階に変化することで、少ない負担でホルモン量を増やすことができるタイプです。

先ほどご紹介したトリキュラーは人気の低用量ピルのひとつですが、他にも『マーベロン』と呼ばれる低用量ピルがあり、ホルモン用量が少なく体格の小さな日本人にあった低用量ピルとして人気を呼んでいます。『ダイアン35』という低用量ピルもアジア人女性向けの低用量ピルとして人気が高く、美肌効果やバストアップ効果なども期待できるピルなのです。

このように、低用量ピルにはさまざまな種類があり、避妊以外にも美容効果が見込めるものもありますので、低用量ピルの服用を検討している方は、それぞれの効果を調べて一番どれが良いか決めると良いでしょう。日本では認可されていないピルの方が多いので、お悩み宅急便で注文して海外から取り寄せることをお勧めします。